マンガ投稿C.C.C.

キャラクター作りの神髄

  • Vol.10:持田あき
  • Vol.09:優木なち
  • Vol.08:岩岡ひさえ
  • Vol.07:池谷理香子
  • Vol.06:斉藤輪
  • Vol.05:Maria
  • Vol.04:宮川匡代
  • Vol.03:彩花みん
  • Vol.02:池野恋
  • Vol.01:高須賀由枝

本誌「C.C.C.」内で、様々な作家さんにキャラクター論について語っていただくコーナーが「キャラクター作りの神髄」!
HPでは、その取材模様の全文を公表します!

Vol.02:池野恋先生

蘭世は自分の理想から作ったキャラ

編集ケンケン(以下、K) 今回は、りぼんの名作中の名作「ときめきトゥナイト」のキャラクター作成秘話について池野先生に聞いていきたいと思います。
まずは主人公・蘭世はどのように作られたのでしょうか?
池野恋先生(以下、池) 『ときめきトゥナイト』は、まだ内容が決まってない段階から 「次の連載はアニメ化が決まってるから」と言われていて、 予告カットの時に見た目からキャラを作っていきました。
アニメ化の仕組みも、今とは違ったのですね。
しかし大変な状況だったと思いますが、見た目はどのように?
吸血鬼と狼女の娘という設定は決まっていたので、担当さんから「長い黒髪か、奇抜な髪型で」と言われて、奇抜な方は面倒そうだと思ったので、長い黒髪にしました。
吸血鬼ですがから、やっぱり見た目も重要ですね。
アニメのエンディングや新装版1巻での黒髪ロングのストレートでマントを着けている絵が印象的でした。
蘭世の内面や性格はどのように決めたのですか?
蘭世は本当、自分の理想をすべて詰め込みましたね。
誰しもが心には色々な闇とか、暗いものを持っているものだけど、蘭世はなるべく、そういうものは無くして。 無償の愛とか、自分では出来ないけど、蘭世にはそういうものを持たせました。
あ、黒髪ロングのストレートも自分の理想です。私は天パなので(笑)。
自分の理想から作ったキャラが蘭世なのですね。
では、真壁俊はどうですか?
それまで自分の漫画で、不良っぽいキャラを出したことがなかったのでやってみました。
冷たいんだけど、実は優しいっていうキャラを描こうとしたのですが、
1話では、ちょっとふざけた表情もあったりして…。後々はクールになっていきました。
当時、マガジンで連載していた『愛と誠』の誠っていう不良キャラの影響もあったと思います。
描いたことのないキャラに挑戦したということですね…!
最初は試行錯誤しつつも、池野さんの中で「こういうキャラだ」と固まっていったのが伺えます。
ライバルの神谷曜子はどうやって出来たのですか?
やっぱりライバルになる子が必要ということで、見た目も全然違うものにしようと。
蘭世が黒髪ロングのストレートなので、曜子は天パです。最初はただただイジワルで、俊を奪おうとする子。
いじわるだな〜と思って描いてました。
段々、愛着がわいて可愛くなっていきましたけどね。
曜子も後々はちゃんと活躍するようになって、見た目も美人になっていきましたよね。
最初がイジワルな悪役って、後から魅力が増していくからずるいですね(笑)。

真壁俊はこんなポーズはしない

曜子は、言いたいことがズバズバ言えるキャラだったので、言いたいことを言わせて発散させてました(笑)。
確かに…!一番発言にブレーキがいらないキャラですね!
主人公・蘭世は言いたいことを言わせられなかったですか?
蘭世は蘭世で言いたいことは、言っているとは思うけど、蘭世には蘭世のキャラがあるので、言う内容は違いますよね。
これって大事なことですね。結構、漫画を読んでいると、作者がこのセリフ言わせたくて、キャラに言わせてるな…っていうものを見かけることがありますが、やっぱりキャラの性格・信条・考え方があってこそなので、
発言の幅というか、どこまで言うかっていうのも重要ですよね。
キャラが決まってるからこそ、出来ること、出来ないことが出てきますね。
はい。そういう点では、真壁俊は描くのが難しく気を遣うキャラでした。
 こういう時にはこうするっていうのが浮かんでも、言い回しに悩んだり、
真壁俊はこんなポーズはしない、こんな姿はできないとか…。
当時のりぼんの付録では、本来は着ないような服も着せましたが(笑)。
「このキャラはこんなこと言わない、しない」ってすごく大事ですよね。
僕も入社した時、上司に「キャラは、何をするかではなく、何をしないかだよ」と言われた覚えがあります。
描くのが難しいといっても、ちゃんとキャラを掴んでいるからこその悩みですね。
こういう性格のキャラだっていうのが自分で分かっていて、掴めていればキャラは描けるのですが、どういう風に描くかは悩みますね。
蘭世や曜子、望里は動かしやすかったですけれども。

担当から言われた自分の持ち味と強み

ではここで投稿者にアドバイス。「キャラの性格を決め、性格が伝わるエピソードを描こう」さらに「そのキャラが何をしないor言わないか」も考えてみましょう。
・・・新人作家さんや投稿者向けにこの企画をやっているのですが、池野先生は、担当に言われて印象的だったアドバイスなどはありましたか?
デビュー作の後、2作目を作ろうとした時に、何度も直されたんですね。
デビューして雑誌に自分の作品が載った時は「私って才能あるかも!」って舞い上がってたんですが、2作目では担当に「正直、つまらない」と言われてしまって…。
ショックでしたね。現実を知りました。
「デビュー作は勢いがあって良かったけど、2作目は大人しくなってしまって、勢いがない。デビュー作のように、コミカルなノリを活かしなさい」と言われました。
今の役員に「作家の持ち味、作家の描きたいことっていうのは デビュー作に全部詰まっている」って言われたのを思い出しました。
やはりデビュー作には、「この人はプロになれる」と編集部が認めた要素が詰まっているわけで、
何か面白くないな、イキイキ描けてないなっていう新人は、デビュー作の良かったところを思い出してみると良いかもしれませんね。
そうですね。それからは、自分の持ち味であるコミカルさやギャグのシーンをなるべく入れていくことにしました。
自分が描きたいっていう気持ちだけでシリアスなものをやっても、読者は楽しんでもらえないんだなって。
コミカルさは大事ですね。コミカルなシーンがあるからこそ、シリアス展開になったとき、起伏が出ますし…!
しかし、2作目にして、「自分の描きたいものだけではダメだ。読者に喜んでもらえることを意識して、
自分の強みを出そう」って思えたのは早々とプロ意識に目覚めたということですね…!
いえいえ。そんなプロ意識だなんて(笑)。

壮大な物語を生み出す秘訣

 『ときめきトゥナイト』のお話に戻りますが、あの壮大なお話は、初めからイメージがあったのでしょうか?
たとえば真壁俊が魔界の王子だったりとかも初めから?
いいえ、アニメと漫画が同時進行だったので、アニメの方で、魔界の王子・アロンが登場したので、
「あっ、漫画の方にもアロンを出さなきゃ。でも、アロンが魔界の王子となると、
俊も魔界の王子で、双子ってことにしよう。似てないけど二卵性ってことで」という風に後から作っていきました(笑)。
すごい柔軟さですね! 俊は元は人間だったと…!
貴種流離譚というファンタジーの王道要素が加わり、物語がさらに壮大になりました。
魔女ヘガーテが語る「もともと世界はひとつだったが、世界は5つに分かれた」という
世界の成り立ちなどは、どういう発想から生まれたのでしょうか?
魔界の王が持っている指輪の話の話が出たときに、
担当から、これを読めと『指輪物語(『ロード・オブ・ザ・リング』)』を渡されたんですね。
当時は映画化とかもされてなかったので、全然メジャーではなかったのですが。
連載で忙しい合間に小説を渡されて、ちゃんと読んでいたのですね。
担当さんがよく小説を送ってくれたんですよね。
SFを描こうとしたときも、『マイナス・ゼロ』ってタイムマシンものとか、
『喪服のランデヴー』とか『夏への扉』を送ってくれたので、それを読んで参考にしました。
漫画を描きながらも本はよく読んでいましたね。
「漫画よりも本や映画を見ろ」っていうのは、編集はよく言いますね。
やっぱり漫画を読んで漫画を描いても、スケールダウンというか縮小再生産になってしまいますし、
「この作家さんに先にこれを描かれてしまったから、これは出来ない」ってなっちゃいますけど、
小説はイメージが広がって、「よし私は漫画でこう表現しよう」とか、想像がふくらみそうですね。
 映画はカット割りや物語構成の勉強にもなると思います。

自分に近い要素と理想をキャラに込める

ちょっと漠然とした質問で申し訳ないのですが、池野さんにとって漫画を描く上で、大事なことってどういうことでしょうか?
やっぱり願望を込めるというでしょうか。
蘭世がそうなのですが、あんな風になりたいという理想、希望、夢。
そういうものをキャラに託すこと。
自分に出来ないことをキャラにやってもらって、叶えてもらう。
お陰で、読者からは「蘭世みたいになりたい」っていう感想をたくさんいただきました。
現実では上手くいかないこともあるけれど、漫画は魅力的なキャラが困難を乗り越えるところが面白いですね。
それはいくつになっても変わらないと思います!
あとは、理想も大事なのですが、まったく自分にない理想だけで固めてしまうと
キャラが完璧人間になってしまい、読者から遠くなってしまうので、
自分に近いもの、自分との接点を主人公に入れることも大事だと思います。
1つだけでも自分の要素を。
蘭世でいうと、どんなところが共通点でしょうか?
蘭世だと、人間に興味があるところが自分との共通点かもしれません。
神谷さんのことも嫌いなわけじゃないですし。
私も苦手な人はたくさんいますが、人間は好きですし、
 蘭世はさらにそこに願望が入ってますね。
なるほど。自分との共通点を入れつつ、それを理想的にする、というキャラの作り方もありますね。
今回は大変参考になりました。ありがとうございます。

bottom